[PR] SEO
アメ車 まだまだ続く忙しさ?

アメ車

アメ車で体験できる余計な経験、余計な喜び、余計な出費。 '71 カマロ、'69 コルベット、'97 サバーバンの100円玉をバラまきながら走行する高燃費カーライフ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 車ブログ シボレーへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まだまだ続く忙しさ? 

とりあえずの寝る暇無しの状態からは脱出しましたが、突然仕事というようなスケジュールで日々を過ごしています。

そんなある日、都内で仕事中に車に同乗していた時の事です。
運転していてくれた人が、一時停止を怠って警官に捕まりました。
物陰から制服を着た誘導員でも出て来たのかなぁって皆が思っていたら、その人は警察官で・・・

「一時停止をしなかったって事は、人をひいていたって事だぞ」

と強く注意されました。
まぁ、一時停止をしなかったドライバーは悪かったとして、自分は何か引っかかる事がありました。

警官の言う言葉に、確かにそうかもしれないなと思いつつ、ならば隠れて一時停止を怠る車を捕まえるのではなく、一時停止の場所前でドライバーに注意を促すべきではないかと・・・

で、警官に質問をしてみました。
「お巡りさんは、事故が起こる危険性のあるこの場所で一時停止の義務違反を捕まえたかったのか、それとも一時停止を怠って発生する可能性のある事故を未然に防ぎたかったのかと・・・」

すると、すかさず

「未然に防ぐ為に違反車両を取り締まっていた」と・・・

「一時停止を違反するから事故が発生するのだから、それではお巡りさんの行動は何の防衛策にもなっていないのでは?」と再び質問すると・・・・

「法律を変えろ」って言われちゃいました。

法律が間違っているから、防げるはずの事故も防げないでいるという事を警察官が教えてくれたという事なのでしょうか?・・・




にほんブログ村 車ブログ シボレーへ
[ 2007/11/19 03:15 ] other | TB(0) | CM(4)
あいつらって
隠れるんですよねぇ(;´Д`)
オイラもシートベルトでやられた時
思いっきり隠れてましたし・・・

いくら奇麗事を言っても
どう考えても
点数稼ぎにしか思えないですよねぇ(´・ω・`)
[ 2007/11/19 12:14 ] [ 編集 ]
結局まじめに質問されてしまうと困ってしまうお巡りさんって多いですよね。
今の世の中謎だらけ…
[ 2007/11/19 22:02 ] [ 編集 ]
JUNKIEさん、全くです。
ゲームの如く隠れている感じに受け取れます。
隠れて捕まえるんなら、交通整理をしてみるとか・・・

タイガーさん、その警察官は「法律が悪い」というばかりで逃げてしまいました。結局、どのような結果(世の中)にしたいのか解らないですね。
[ 2007/11/20 13:53 ] [ 編集 ]
ちょっと気分を害される方がいらっしゃるかもしれませんが、勘弁願います。
運転に限らず、取り締まりは法律を守っていないということが前提でおこなわれて、検挙後に罰を受けます。

今回のような場合、事故の起こりそうなところに警官を配置して、事故の予防などということをやったとしたら、事故の起こりそうなところ全てに警官を配置しなければならず、警官がいくらいても足りませんよね?

一回でも捕まれば、その後は注意するようになって気をつけるようになりませんか?

一時停止規制は基本的に見通しが悪いところ、横断歩道の手前、優先道路に交差するところにあり、何の注意もせずに進入すると、タイミングが悪ければ衝突事故を起こしそうなところが多くありませんか?

規制で安全を確保することを容認し、運転者の常識に任せるということを社会が拒否(自分の都合の良いことばかりを主張する低民度な国民性にされた)してきたので、仕方ないと思います。

日本での一時停止規制地点での履行とは、
・停止線の手前で車両を停止させる(タイヤの回転が完全に停止)
・左右を確認する
・その場で左右の確認が出来ない場合は、徐行しながら再発進し、左右の安全確認が出来るところまで進行して停止の上、左右の安全が確認できたら進行する
という手順を踏まなければなりませんよね。
はっきり言って面倒です。
でも、これをしっかりやらないと、捕まるとか言う以前に、自転車の飛び出しなどに対して仮にブチ当たられたとしても、言い訳が出来なくなります。

ちなみに、私が今まで生活したり行ったりしたことがある国での運転経験では、日本ほど一時停止規制の運用が厳しい国はありません。
要するに、一時停止をきちんと履行せずに事故を起こしたとしても、過失割合がどうのこうのということよりも、車が動かないことによる損失が大きい(修理中の代車などという制度はない)のですよ。過失は通常、一方的に一時停止をしなければならない側の過失になります。大損ですよ、事故の当事者双方は・・・

なお、海外では、狭い道は一方通行が多く、住民は結構不便を強いられますが、安全という面では評価できますから、住民も基本的に苦情は言いません。
日本で、同じように道が狭いからと一方通行にしたら、苦情の嵐でしょうから、同じようには出来ないでしょうが、一時停止規制は警官がいようがいまいが守ることのほうが大事と思います。

私は日本では確実に停止線がある一時停止規制地点では、後ろを走っている車に追突されそうになることはありますが、きっちりとこれを履行します(自転車の飛び出し対策上、重要と考えます)が、海外ではそれほどきっちりとはしません。やはり、流れがありますし、歩行者や自転車があまりいない上に、歩行者優先などという危険な発想がありませんから、自分の身は自分で守らなければということで、歩行者自身も気をつけていますからね。
一方通行が多いというのは、安全確認は左右どちらか片方だけの確認が基本ですから、そういった面でも一方通行は楽ですね。

取り締まりをせずに事故防止のためには、停止線の手前に警官が立っていればよいという人は、警官がいなかったら一時停止を履行しないと宣言しているようなものではないでしょうか?

私が思うだけですが、日本では隠れての取締りで構わないと思います。ほとんどの人が警官がいなかったら一時停止なんてきっちりしていない現状を見ると、自己責任で社会をうまくまわしていくという考える力を無くされた人ばかりに見えてしまいます。
まぁ、そのため、マスコミによる言論・思想操作が楽に出来ることになるのでしょうけれど、こういったことからも、海外との差を感じてしまったので、コメントさせていただきました。
[ 2007/11/20 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

seven1971jp

Author:seven1971jp
アメ車ブログへようこそ!

フリーエリア
カウンター
ブログ内検索
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム



ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。